お呼ばれドレスの常識・~新宿の格安お呼ばれドレス・パーティードレスのナッシェレ東京
お店への行き方 お呼ばれドレスのコンセプト

お呼ばれドレスの常識

どんなドレスのデザインを選べばいいの?

スカート丈は膝が隠れるくらいで着席したときにの太ももの露出も考慮しましょう。あまりにもボリュームがあるスカートはアピールしすぎと思われてしまうので、すっきりとしたかたちのドレスを選びます。かといって体のラインが強調されすぎるデザインもそれはそれで、過度のアピールとなってしまいますので、良い塩梅のを選んで下さい。また、胸元の明け過ぎは避けましょう。目のやり場に困るようなざっくりデザインや、ゆるいデザインは好ましくありません。結婚式の最中は過度の露出を抑えるのがマナーですので、袖が無いデザインのドレスの場合は、ボレロ、ショール、ストールで覆うのが大人の着こなしです。

結婚式の二次会に参加するにあたって

結婚式の二次会は、主に新郎新婦により親しい人が集まる場なので、結婚式ほどルールにのっとった着こなしというものはありません。結婚式の後なので、夜も深まったころです。花嫁はウェディングドレスを着て参加するわけにはいかないので、白やシャンパンカラーのショー丈のドレスに着替える事が多いです。ゲストが二次会の為に着替えて参加するというのは稀なので、基本的には結婚式のドレスのままで参加します。そのままというのは少し芸がない気もしますね。二次会を想定するならば、結婚式にチューブトップや肩が露出しているドレスを着ていって、式の最中はボレロやストールで露出を抑えておくという方法があります。二次会でははおりものを脱ぎちょっぴり大胆に、というようにです。また、大きめのアクセサリーを付け加えるだけで容易にエレガントな雰囲気を演出する事も出来ます。

何色がいいのか?

結婚式において絶対に着てはならないのが、白いドレスです。白は花嫁様が着る色なので、主役を埋もれさせるようなことは絶対にやめましょう。例えば、下は色ありで、上は白っぽい衣装などもありますが、座った時に上半身が白いとったことになるのでこれも避けるべきです。また、写真で見た時にあまりにも淡い色合いですとほぼ白い色となってしまうので、慎重に選びましょう。日差しの加減でも白さが強調される事もあるのでここらへんも考慮するとなお良いですね。さて、どんな色を選ぶべきかという事ですが、基本的には白以外ならとくに問題は無いです。自分の好み、会場の雰囲気を想定して、その場に合った服装をしてください。色の説明をさせて頂きますと、赤系統の暖色は日本において昔から祝い事がある時に使用する色なので、おめでたい印象を自然に持っています。赤は強調色なので、あまりにも赤々しい色は避けた方が好ましく、ワインレッドのような落ち着きが入った赤が良いでしょう。青系統の寒色は爽やかでクールな印象を与えます。グリーンもここに含まれ、海や空、森や草原を連想する色なので優しい印象も持ちます。暖色系に比べると落ち着いた様子も演出します。オレンジや黄色の中間色は中性的な色合いです。健康的で元気な色合いで、明るい活発な女性を演出します。パーティーに最も華やかさをもたらす色と言えるでしょう。ネイビーやベージュは年齢を選ばず、誰にとっても着やすく会場の雰囲気にも違和感なく溶け込める色です。良く言えば万能カラー、悪く言えば、無難なカラーです。誰にでも着こなせて、落ち着いた印象を与える色合いですので、一着もっていると安心する色でもあります。ここまで色の説明をしてきましたが、たんに色の違いではなく、濃淡の違いでもまた変わってきます。例えば、春から夏の暖かい時期は爽やかに淡い色合いを、秋から冬の寒さも強まっていく時期には、濃い色合いを選ぶなどの工夫もあります。最後に、黒いドレスに関しては、絶対にタブーと言うわけではありませんが、喪服という印象を持つ方が多いのが真理です。黒のドレスを見事に着こなす方もいるのですが、とても高等テクニックでもあるので、大抵の人が上手に着こなせず、結果喪服のようになってしまいがちです。ドレスのデザインや、アクセサリーなどのディティールにこだわって着こなすという意気込みがあれば挑戦する意味がある色ですが、よほどの自信が無い限りは避けた方がいい色と言えるでしょう。

花嫁様と話し合うことも大切です

花嫁様が主役なのが結婚式というものです。極端な話花嫁様が、みんな白いドレスを着てきてと言うならば、世間ではタブーであってもその場においてはそれがセオリーとなるのです。基本は白いドレスは避けるのが鉄則ですが、白に近しい色をどこまで許してくれるか、そこら辺は花嫁様個人の裁量にゆだねられます。現代は昔ほど色やデザインの厳しさは無くなりつつありますが、それは人それぞれです。あらかじめ二次会で着るドレスの色を聞いておけば、色が被ることなく円滑に会は進むでことしょう。あくまでも主役は花嫁様、ゲストは式を彩る役者という立場を忘れずに、オシャレドレスを楽しみましょう。